動画マーケティング

動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

2016/08/24

動画マーケティングとは何なのか?

動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を配信していますが、そもそも動画マーケティングとはどういったものなのか?
当社の考えをまとめておきたいと思います。
筆者 紹介  Youtubeに関する出版物はこちら
YouTube 投稿&集客で稼ぐ

動画マーケティングとは、動画を使ったWEBマーケティングのこと

インターネットでお客様を集めること=WEBマーケティングの中で、
動画を活用することだけを取り上げて、「動画マーケティング」と言っています。ブログマーケティング、snsマーケティング、XXXマーケティングという分類の一つに過ぎません。
動画の配信サービスとしては、YouTubeやfacebook、instagramやvineなども含まれています。4.5年前までは、テキスト+画像と動画は、分離したものと捉えられていましたが、今ではすべて「一つ」のコンテンツとして、ウェブ上では検索対象と見られています。
文章よりも、動きと音声が含まれる膨大な情報量がある動画は、視聴者に記憶されやすく、理解もされやすい。効果的な伝達のツールなのです。

CMではありません。動画マーケティングの勘違い

動画マーケティングというと、プロモーション型の動画を作ったり、動画広告を作ることだけと思い方が多いようです。
動画マーケティングの成功事例などでは、未だに大企業のCM動画が取り上げられるケースが多いのですが、これらは、すでにTVなどで認知されている大企業が、広告チームと作り上げた作品なので、無名の中小企業には、あまり参考にはなりません。
参考:莫大な制作費(タレントのギャラ 制作会社 テレビでの配信料)をかけて話題になればOKという広告(大企業のCMは参考にならない)

大企業のCMは中小企業の動画活用には参考にならない

動画は自分たちで作るもの

ウェブサイトと同じで、動画広告が意味を持つのは、検索連動型だけです。多額の制作費を投資してCMを作るのは、テレビと同じでスキップされるだけです。
前述のように動画もウェブコンテンツと同等になっている今、中小企業の動画マーケティングは、自分たちで動画を作り、継続して配信していくことが求められているのです。
参考:YouTubeの広告はスルーされる!? 宣伝動画を作っても売れません。中小企業がYouTubeで作るコンテンツとは

宣伝動画を作っても売れません。中小企業がYouTubeで作るコンテンツとは?

中小企業が動画マーケティングを使う目的と4つのステップ

動画広告の多くは、大手企業、中でもテレビCMと連動した広告を配信する広告が60%あると言われています。
目的は、企業名・団体名のブランディングやウェブでの話題(クチコミ)作りが中心です。
中小企業が同じことを目論んでも、上手くいく可能性は低いものです。
(もちろんクチコミが起こせればいいこのですが、簡単なことではないですよね)
中小企業の動画マーケティングは最終的に売上げに結びつかなければ意味がないのですが、動画を作ればすぐ売れるような単純なことはありません。

動画を使って売れるようになうための4つのステップがあります

ステップその1:見つけてもらう

動画マーケティングでは、まず最初に、商品やサービス、そして会社や人物を見つけてもらうことが大切です。これは検索対策、キーワード検索だけでなく、Youtubeの関連動画やソーシャルメディアとの連携などを行うことが大切です。
動画は検索に強いと言われますが、私はそうではなく、動画は「検索キーワードに合わせたコンテンツが作れる」ということだと思います。
参考:検索に上位させるためのYouTubeの施策
サイトリニューアル後2週間で問合せが来た 士業のWEB集客

ステップその2:知ってもらう、覚えてもらう

ちょっとした偶然で、あなたの動画を見てもらったなら、あなたの存在や会社、サービスについても知ってもらいたいものです。動画はテキストや画像よりも情報量が多く、記憶に残りやすいものです。動画マーケティングでは、見てもらったきっかけから、知ってもらい、覚えてもらうことが次につながるためにも重要です。いい記憶として残るためには、動画の内容をお客様に合わせて作らなければいけません。
参考:動画から問合せを増やすには? スモールビジネスで動画を作る方法

動画から問合せを増やすには? スモールビジネスで動画を作る方法

ステップその3 信用を得る

使う前に知りたい 買う前に確認したい。ネットで購入するお客様にとって、事前に色々な情報を集めることは当たり前になっています。いくらキャッチなコピーを並べてみても、動画による「真実」に勝るものはありません。中小企業の動画マーケティングで重要なのは、「正直」に伝えることです。
顔出しで熱意を伝えること。購入者目線で語ることが大切です。CMやCG(コンピュータグラフィックス)、動画の品質よりも、真実を正直に伝えることが信頼感を生みます。インターネットを通して「信頼感」を築くには動画が一番なのです。
参考:ブログや動画で顔出しは必要か?
店長自らが試す スタンガン(絶対に真似するな!)

YouTubeのメリットが一目でわかる動画 

ステップその4:ファンになってもらう

ネットを見つけてすぐに購入してくれるお客様はサイト訪問者のうち1%もありません。多くの訪問者は時が経てばサイトの存在を忘れてしまうものです。これは、既存のお客様でも同じ。リピート客が年々減少していく最大の要因は「忘れる」からと言われています。近い将来に購入していただくため、何度もリピートしていただくためにも、お客様とはゆるい信頼関係を結んでおくことが大切です。動画とソーシャルメディアを使い、いつまでもお店のファンになっていただくこと。これが動画マーケテイングでは重要なのです。
参考:なぜあの会社は動画を配信し続けるのか?
中小企業は自社メディアをつくるべし
誰から買うか?誰に売るか?これからのECサイトで大切な考え方

誰から買うか?誰に売るか?これからのECサイトで大切な考え方

まとめ:動画マーケティングとは?

ウェブ集客に動画を活用するということは、お客様目線で情報を伝え続けるということであり特別なことではありません。しかし、一般的には敷居が高いというイメージが強く、多くの中小企業が参入しない集客施策です。

というわけで 動画マーケティングをお勧めする私の動画です。


まだブログで消耗しているの?動画マーケティングのススメ
【動画マーケティングまとめ:その2】では、実際に中小企業が動画を使うためのノウハウ記事をまとめています。
動画マーケティング まとめ記事

中小企業のウェブ集客 500以上のコンテンツから 当社の動画マーケティングについてまとめました。
この記事  その1:動画マーケティングとは?
次回 その2:動画作成 準備編 シナリオとツール選び
第3回 撮影 プレゼンテーション編
第4回 YouTube使い方  ソーシャルメディア 運用編

今後の動画活用にお役に立てれば幸いです。

YouTube 動画マーケティング まとめ

ウェブデモの集客サービス

【無料情報]中小企業のウェブ集客、動画とブログを使った自社メディアの作り方
当社が10年にわたり実践してきたWeb集客、動画活用のノウハウを3つのコンテンツでお届けします。
動画とブログを使った自社メディアの作り方「メールマガジン」

単発相談から6か月の顧問契約まで、4つの基本メニューを用意しています。
1:集客のための動画マーケティング 1社限定1日研修

2:ウェブ集客アドバイス 単発コンサルティング

3:動画マーケティング 運用サービス

4:ウェブ集客コンサルティング(顧問契約)

おためしコンサルティング始めました
その他のご相談はこちらから

ウェブデモ ソーシャルメディア
フォロー歓迎 毎日 つぶやいています ウェブデモツイッター
動画集客 Facebookページ

vine instagram もやってます。フォロー大歓迎

友だち追加数

企業の動画作成 サポート動画 動画マニュアルのご提案はこちら

-動画マーケティング
-, , , , , , , , , , ,

おすすめコンテンツ

1
ウェブデモが選ばれる5つの理由

なぜ当社がお客様に選ばれるのか? 「ウェブと動画を活用しビジネスを活性化させよう ...

2
ウェブデモの集客サービスについて

ウェブデモの集客サービスは2012年から始めていますが、お客様のニーズや当社のリ ...

3
動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

動画マーケティングとは何なのか? 動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を ...

4
動画を使った集客法 メールマガジンのご案内

中小企業のウェブ集客に自社メディアを活用する方法 「他と同じことをやって他よりも ...