WEBマーケティング 検索エンジン最適化(SEO)

Googleのアルゴリズムとこれからのウェブ集客について

Googleがランキング要素のTOP3を公式に発表。
によると
検索結果で上位ににあるための要素は
コンテンツとリンクそしてRankBrainにあるといわれています。

コンテンツとは、記事に書かれている内容のことです。
リンクは、どれだけその記事が外部にリンクを貼られているか?引用されているか?ということですが、あくまで、コンテンツがありきの自然リンクのことであ、自作自演のリンクを貼ることはスパム行為になります。

そして最後のRankBrainというのは、Googleが名づけた機械学習を用いた人工知能システムということで、ディープラーニングといった自ら学習、成長するアルゴリズムをもちいた人間には理解できないところで、コンテンツを判断するシステムというものです。

Googleの新しいアルゴリズム、RankBrainの全容。

もはや、キーワードやタイトルなどの小細工でSEOが上がるわけではないのです。
SEOの考え方 中小企業の検索対策はオウンドメディアしかありません。
検索エンジンが変わった

実直にいいコンテンツを上げていくことが、最善の方法といえるのですが・・・・

コンテンツマーケティングを営業している会社では、このようなビジネスも多く出ています。
初心者にも分かる!リライト作業の具体的な進め方とは?

webメディアの発達や、検索エンジンのアルゴリズムの変化によって、ライターの仕事として「リライトライター」という新しい仕事が生まれてきています。
リライトと一般的に言うと、文章をできるだけ変更せず、推敲や校正などにとどめてよりよい文章にするための作業と認知されていますが、ここでいうリライトとは全く違います。渡された文章を、「言いたいことは変えずに、全く違う表現方法に書き直す」という作業のことを言います。

コンテンツ自体はコピーでき、いくらでもリライトができる・・・
このようなビジネスが公にでてきてしまっている今後は、コンテンツの良しあしが検索順位で評価される決定要因ではなくなるかもしれません。

今後重要なのは、誰が書いたか?発言したか?ということ

プロのライターを使って素晴らしいコンテンツを配信しても、続かなかれば、Googleには見透かされる。
大事なのは、だれが書いたのか?どんな人が語っているのか?という 人物の背景が重要になってくるのではないでしょうか?

コピーされない、誰かを認識できるコンテンツ それが動画です。
誰が語っているのか?オリジナルか?一番わかりやすく認識できるのが動画です。動画自体はコピーされることはありません。
たとえ同じようなシナリオであっても、話す人により、ニュアンスが違い、人間性が現れるものです。
努力する人はどうやって成長していくか?

だれが、検索するかで検索結果が変わってくる。検索エンジンも今後はパーソナルの検索になると思われます。
今後は検索結果にこだわらず、好きなことを突き詰めていく、個を出していくことが、今後のウェブ集客では重要になります。

-WEBマーケティング, 検索エンジン最適化(SEO)
-, , , , , , , ,

おすすめコンテンツ

erabareru 1
ウェブデモが選ばれる5つの理由

なぜ当社がお客様に選ばれるのか? 「ウェブと動画を活用しビジネスを活性化させよう ...

動画マーケティングコンサルティング 2
ウェブデモの集客サービスについて

ウェブデモの集客サービスは2012年から始めていますが、お客様のニーズや当社のリ ...

動画マーケティング その1 3
動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

動画マーケティングとは何なのか? 動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を ...

無料レポート 4
動画を使った集客法 メールマガジンのご案内

中小企業のウェブ集客に自社メディアを活用する方法 「他と同じことをやって他よりも ...