instagram 動画マーケティング 機材 ソフトウェア

iPhone6s Plus で動画撮影を試してみた

2015/11/13

             

iphone
東京で即日GETしたiPhone6s Plus。休日に早速データの入れ替えを行い、自分用にカスタマイズしました。
購入したのは、iPhone6s Plus 64GB ソフトバンク
動画配信やソーシャルメディアで使用するために入れたアプリは
instagram vine YouTube twitter Facebook kindle iMovie LINE evernote ifTTT Gmail TheFutureFM などです。
便利なソフトがあれば都度 紹介してまいりますね。

カメラ機能はよくなったのか?

今迄使用していたのはiPhone5c。以前撮影したものと同じ場所で同じ物を撮影してみました。
毎朝、会社に行く道で見かける、縁側でボーとしているブルドッグちゃん。まったく動かないので最初は人形かと思いました(笑)写真比較
iphone5cを使い続けていたせいもありますが、写真写りが全然違います。iPhone5cでは、コントラストもハッキリせず、ぼやけています。比べてiPhone6s plusでは、色味もはっきり。画像に歴然と差が出ています。
拡大するとさらに・・・・
ブルちゃん
写真加工は殆どしていませんが、この差はあきらかです。
スマートフォンで写真を撮りSNSでシェアしたくなる。そんな気持ちにさせるiPhone6sです。
今後さらに写真アプリが人気になってきてるのもわかります。いい写真が撮れる、楽しい気持ちになります。
私のinstagram よかったらフォローしてね

秋の公園 #instagood #autumn

Michiro Kawasakiさん(@webdemo)が投稿した写真 -

動画機能はどこまでよくなったか?

もともとiPone6s Plusを選んだのも、動画機能の大幅な機能アップ、1080Pから4Kまで、高解像度の動画が撮影できる。手ぶれ補正機能がplusには標準で付いているということが、気になったからです。
iPhone6sは買い? カメラ機能は進化したのか

歩いたり、手持ちの撮影ではどうしても映像がぶれてしまいます。この手持ちビデオのブレを解消する手ぶれ補正機能が6sPlusに付きました。*6sには付いていないようです。
また、高解像度に対応した事で、カメラの採光(明るさ)も向上しているとのこと。

iPhoneカメラの設定

設定/写真とカメラを選び、ビデオ撮影の解像度を設定できます。
カメラの設定
写真撮影でバランスよく撮影するために、「グリッド」をオンにしておくと便利です!

ビデオ撮影では1080p/30が初期値になっていますが、タップして変更することが可能です。
解像度の設定
より滑らかに見せたい場合は60fpsを選択します。4kビデオも選択できますね。

屋外で撮影してみました。


撮影場所 茅ヶ崎市 茅ヶ崎中央公園。iPhone撮影モードは1080/30pです。
手持ちで歩きながらカメラをパンしても動きはスムーズです。ぶれてませんね。これこそ6S Plusの手ぶれ補正機能のおかげでしょうか?品質もビデオカメラと遜色ありません。素晴らしい 
編集はiPhone6s内にプリインストールされているiMovieで行なっています。ビデオと写真を組合わせ、BGMを入れています。BGMはここから入手しています。ロイヤルティフリー音源 7日間無料でダウンロード
iMovieも画面が大きなPlusだと編集しやすい!
imovie

スローモーション撮影

iPhone6から導入されたスローモーション撮影、先ほどの設定で解像度とfps(1秒間のフレーム数 数値が大きいほどスローになります。)
スローのタイミングや間隔もあとから編集可能。instagramにテストでupしてみました。
けっこう難しいけど、面白い機能です。

遊ぼう#cat #catmovie #猫 #猫動画

Michiro Kawasakiさん(@webdemo)が投稿した動画 -


印象的な映像、動きを伝える映像などで威力を発揮しそうです。

スローモーションだけでなく、タイムラプスもついていますよ 参照:【動画あり】タイムラプスはこんなところで使える

iPhone6s plusは満足

iPhone5cでカメラを使っていた私にとって、今回の機種は大変満足できます。画面が大きくなり、文字が見やすくなりました。LINEやツイッターでの文字入力も間違いが減りました。バッテリーの持ち時間も
iPhone5:連続通話時間 3Gで最大10時間  iPhone6 plus 連続通話時間 3Gで最大24時間
と大幅にアップしました。参照:iPhone モデル比較
難点は大きくなったサイズです。片手で使うには難しい、小さいポケットには入らない。落とす可能性が高まるとなどがあります。このおかげで、今までのように「歩きスマホ」はできません。やりません。

画面がでかいので、kindleもOK、Amazonプライムのビデオも大きめの画面で楽しめます。
もうiPad miniも使わなくなりそうです。
一眼レフカメラのサブ機として。ソーシャルメディア発信でもガシガシ使ってしまいそうなiPhone6s Plusです。
ただ、定価10万以上する買い物です。大事に使いましょう・・。
カバーは必須ですね。
ケースは必需品です

-instagram, 動画マーケティング, 機材 ソフトウェア
-, , , ,

おすすめコンテンツ

1
動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

動画マーケティングとは何なのか? 動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を ...

2
動画を使った集客法 メールマガジンのご案内

中小企業のウェブ集客に自社メディアを活用する方法 「他と同じことをやって他よりも ...

アニメーションを自分で作る 3
アニメーションをパソコンだけで自分で作る方法

アニメーション制作サービスの内容を変更いたしました 弊社ではアニメーションの制作 ...