動画作成サンプル

お弁当のPR動画を考えてみた ダメだしだけでは建設的でないので・・

2016/08/04

             

前回のウェブ集客セミナーでは、あるYoutubeの事例について”こんなのは見ないよね・・。”という「ダメ出し」をしました。


参加者も爆笑。いいポイントになったなぁとその時は思ったのですが。
セミナーが終わり、1週間がたちましたが、なんだかモヤモヤします・・・。

ダメだしをしたものの、もし自分が同じ環境だったらどんな動画を作るだろう?と考えたのが今回のサンプルです。

ダメだしした動画は・・

制作者の名誉のためにコンテンツはお見せできませんが、(次回セミナーではお見せします)
あるお弁当屋さんの動画です。ただ毎日の日替わり弁当をアイフォン?で撮影しているだけの動画でした。
著者の最近の写真これ写真でもいいじゃん?(笑) 案の定 だれも見ていないし・・・というものでしたが、

なぜか、その方はあきらめずに毎日同じような動画で投稿しているのです。

だれか止めてあげたい・・という気持ちとともに、わたしだったらどんなアイデアが出せるだろうか?どんなコンテンを作れるだろう?という思いで同じような素材と条件で動画を作ることにしました。

著者近影

素材を準備する予定が・・まさかの展開へ

素材はどこにでもあるお弁当です。 近くのXXオンに行ってお弁当を購入します。

三色おこわ弁当 色合いがあるし、おこわが好きなのでこの弁当を選択します。撮影はiPhone/Vineを使用。

用意するのはお弁当と割り箸 あとは事務所を片付けて撮影準備完了。

おや? 何だか変ですね? 
時間は14時になっています。そういえば朝から何も食べていないし・・

お腹が鳴っています。
撮影なんかしないで食べてしまおうか?

そうです。猛烈な空腹に今頃になって気づいた私。今回は仕事でもないし、なんでこんなことしているのだろうか?
このような無駄な時間より、空腹を満たすことが今必要ではないのだろうか?

私は悩みます。

マズローの欲求5段階説

お腹がすいているというのはどのくらいの欲求なのか?有名なマズローの要求5段階説によると・・・

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、
低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するというもの。

人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りである。
生理的欲求(Physiological needs)
安全の欲求(Safety needs)
所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
承認(尊重)の欲求(Esteem)
自己実現の欲求(Self-actualization)

引用:http://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html

マズローの欲求5段階説

お腹がすいて弁当食べたい-->第1段階 生理的欲求
弁当のダメ出し動画に変るものを作りたい-->第5欲求 自己実現欲求

モチベーション理論から考えると、第1段階の欲求があきらかに勝ってしまします。
しかし、ここであきらめてはすべてが水の泡です。

ここは何とか我慢をするため、映像制作に制約を設けることにしました。

動画PRの縛り

我慢の許容時間と現場制作の環境を合わせ、動画制作の縛りを以下の通り設定しました。

  1. 空腹時(お弁当の撮影時もこのような条件が当てはまる)のため撮影は30分以内
  2. 編集も1時間以内
  3. 弁当のみを撮影。 制作者のストーリー 想いなどは入れない。参照:熱い気持ちを伝える「生産者の声」
  4. ナレーション、弁当の解説は入れない。
  5. ユーザーの声を入れない。

どうみても弁当は「普通」のお弁当(条件と同じ)

さて、
いったい何を作ればいいのだろう?
このままの条件で作成できるのか?時間はない・・・どうしたらいいのか?
このままではミイラ取りがミイラに・・

撮影機材はミラーレスカメラ そしてこちらのスライダーレール
何かアイデアがあるはず。とりあえず素材を撮影してみます。撮影はすべて一人で行います。
時間はありません。
Koolertron 60CMカメラ撮影ミニスライダレール

お弁当のPR動画

悩んだ結果完成したのが、こちらの動画になりました。
コンセプトは「食べたい!!!!!!」

きっとこのお弁当を買って食べる人は、お腹がむちゃくちゃ減っているに違いない。
そして早くこの欲求を満たしたい。
ビニールをはがして、
食べたい!!

至福の時間を迎えたい!!

お待たせしました。

これがお弁当のPR動画です。 制作時間は1時間11分 YouTubeのアップロード、コメント記入は30分


お腹がすいたという生理的欲求をそのまま「食べたい」という欲求として映像にしてみました。

できるだけ「美味しそう」に映像は撮ったつもりです(汗)

悩んだらセクシーに考える

sexy
人生の先輩からいただいた格言です。性的なセクシーという意味よりも、少しドキドキする気持ち、ワクワクさせる気持ちを盛り込むことです。

ロジックよりも感覚、本能を信じよ! 

みたいな意味でしょうか?

撮影終了後 お弁当はおいしくいただきました。 ご馳走様でした!

-動画作成サンプル
-,

おすすめコンテンツ

1
動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

動画マーケティングとは何なのか? 動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を ...

2
動画を使った集客法 メールマガジンのご案内

中小企業のウェブ集客に自社メディアを活用する方法 「他と同じことをやって他よりも ...

アニメーションを自分で作る 3
アニメーションをパソコンだけで自分で作る方法

アニメーション制作サービスの内容を変更いたしました 弊社ではアニメーションの制作 ...