経営マインド

iPhone7の発表で感じたこと

             

iPhone7がAppleから発表されました。

iphone7
Apple、「iPhone 7」を発表 防水・防塵、FeliCa対応 イヤフォンジャックは廃止に
そして、日本向けの機能としてFeliCa対応も発表。シェアではアメリカの次に多い日本をターゲットとした商品になったと言えるようです。
この記事が実に興味深い:iPhone7に見る日本人のカモにされっぷりと、課金厨と中国政府とAppleの関係。

もうiPhoneには「夢」がなくなった?

この比較表もツイッターで広がっています。


いつも何かを変えてくれるそんな夢があったiPhoneでしたが、7では時代に逆行?ユーザー目線というよりもユーザーにすり寄るというような・・・。日本仕様を作るところなどは、日本の意地でiPhoneをガラケーにしてしまったような感じさえします。

ピークを過ぎたiPhone

検索数からみた話題性を数値化するGoogleTrendでもiPhoe7は過去のバージョン iphone5、iPhone6と比較しても低く、既に大きな話題を提供する物ではなくなってきているのです。
アイフォンの話題は
iPhone5で話題性のピークだったのでしょうか?今回はiPhone7+plusではカメラが2つついて、印象的な写真が取れるというという機能が気になりましたが、10万円もする費用を考えると一眼レフカメラを買った方がコスパが高い。私も今回は買換えする気にはなりません。iPhone6S+Plusで充分です。

今までの生活を変えたiPhoneでした

「携帯電話を再発見する」というスティーブジョブスの言葉どおり、iPhoneは世の中を変え、人々の生活をすべて変えてしまったといえる大発明といえます。
しかし、すべての人に行きわたり、スマホが当たり前になってしまった今、スマートフォンに新しい価値は生まれず、これからは機能のアップグレードしていくだけの「商品」になってしまっています。もうiPhoneの新機種でワクワクすることはないのです。

時代の変化に自分たちは対応できているか?

appleという強大な会社でさえ5年もたてば飽きられてしまう。絶対的な存在だったGoogleも今では、検索利用率が減っています。
世の中はものすごいスピードで変化しています。昨日までの売上が将来に約束されることは一つもないのです。私たち中小企業も1年先の予定は見えません。

余裕があるときこそ「違う施策を」

今の取引先が安定しているといっても、安心はできません。市場が大きければ予想もしなかった大企業が参入してくることも多々あります。
余裕がある、売上があるときこそ、違う施策を考えて実行しましょう。他社と同じことをやっていたり、今までと同じことをやっていれば進化はないのです。

iPhone7の盛り上がりの無さを見て、時代の流れを感じました。・・・・
世の中は 諸行無常でございます。

-経営マインド
-,

おすすめコンテンツ

1
動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

動画マーケティングとは何なのか? 動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を ...

2
動画を使った集客法 メールマガジンのご案内

中小企業のウェブ集客に自社メディアを活用する方法 「他と同じことをやって他よりも ...

アニメーションを自分で作る 3
アニメーションをパソコンだけで自分で作る方法

アニメーション制作サービスの内容を変更いたしました 弊社ではアニメーションの制作 ...