WEBマーケティング 検索エンジン最適化(SEO)

ウェブ解析にグーグルアナリティクス

             

Googleアナリティクス 使い方

ウェブのアクセスを解析する定番ツール

Googleアナリティクスは、ホームページにアクセスしてきたユーザーの行動や訪問経路を解析できるほか、ウェブサイトからどれだけ注文や問合せが来たのか?(コンバージョン)サイトを訪れたユーザーの特徴や検索キーワード、どこのサイトから訪問して、自社のどのページを見たのか・・・などなど、ウェブサイトの様々なデータが解析できるツールです。ウェブサイトはすべてデジタルデータとして記録されているのであらゆることが調べることができます。(ざっくり説明しています)
ウェブサイトを立ち上げたらまずはGoogle アナリティクスを埋め込みましょう。

アカウントを登録する

こちらの動画で解説しています。


始めにグーグルのアカウントを作成し、その後アナリティクスのアカウントを登録します。
グーグルの場合まずはグーグルのアカウントを取り、Youtube Gmail アナリティクスなどのサービスを登録します。先日 初めてのお客様に訪問しウェブサイトを拝見したところ、アナリティクスがページに入っていなかったのです。 サイト作成は2010年、ブログ機能はついていましたが、殆ど更新せず、2.3年ほったらかしの状態でした。サイト作成業者にXXX万支払ったとのことでしたが、なんともったいないことか?サイト作成会社もいろいろありますが、作っただけでその後何もしない会社も多くあるようです。
お客様もウェブを作ったけれど、問合せこないんだよね~と言っていましたが当たり前です。ウェブサイトは作成したあと、いかに運用していくかが大事です。その運用結果を見るのがこの解析サービスなんですよ。

解析結果から何がわかるの

Googleアナリティクスは機能が豊富です。単純に日々のアクセスや、検索されたキーワードや、ユーザーのOSやモバイルデバイス種類、見ている地域、・いろいろなことがわかり、過去との比較もできる。

あまりに豊富な機能過ぎて 使いこなしている方も実は少ないというのが実情ではないかと思われます。数多くのデータからあなたの会社にとって必要な情報は何でしょうか?

最近 受注が少ないのは スマートフォンから来ている人が多いーー>スマートフォン向けのサイトができていない なのか?それとも 購入者が多いキーワードからアクセスされていないのか?
それとも注文ページまで来ているのに注文ボタンまでたどり着いていない。のか?これらはすべて 解析結果から判断できてしまいます。

解析結果を把握したい

当社の解析サービスでは、これらの解析結果をわかりやすくレポートで提出し、レポートの見方を解説します。 せっかくのデータもきちんと使えなければもったいない話です。
解析をレポートするには、アナリティクスの情報を当社のスタッフに共有していただくだけで始められます。
アナリティクスの情報を共有する方法

解析レポートをご希望の方はこちらまでお問い合わせください
きっと今までいなかった発見がありますよ。

-WEBマーケティング, 検索エンジン最適化(SEO)
-, , , , , ,

おすすめコンテンツ

1
動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

動画マーケティングとは何なのか? 動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を ...

2
動画を使った集客法 メールマガジンのご案内

中小企業のウェブ集客に自社メディアを活用する方法 「他と同じことをやって他よりも ...

アニメーションを自分で作る 3
アニメーションをパソコンだけで自分で作る方法

アニメーション制作サービスの内容を変更いたしました 弊社ではアニメーションの制作 ...