YouTube

ユーチューブの敷居がまた高くなりました。

             

YouTube パートナー プログラムの新しい資格要件が1月16日に発表されました

ユーチューブクリエイターズ ブログより抜粋

2018年1月16日、YouTubeはYouTubeパートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4,000時間、チャンネル登録者が1,000人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。

https://support.google.com/youtube/answer/72851

ユーチューブーで稼ごうという、再生回数と多チャンネル化による数多くの「にわかユーチューバー」が増えていましたが、Googleでは、これらの半端なユーチューブチャンネルに対して、総再生時間4,000時間という敷居を設けて、ハードルを高くしてしまいました。
これにより、チャンネルが収益化の資格要件を満たさないと判断された場合は、YouTube パートナー プログラムに関連するすべての収益化ツールと機能をご利用いただけなくなります。

4,000時間は240,000分

ユーチューブチャンネルのアナリティクスでは、計測期間の合計再生時間が「分単位」で表示されていますが、24万分というのは、かなりしんどい数字です。 *当社の場合はおよそ50日で4000時間になりますので、特に問題はありませんが・・
4000時間

1本の動画の場合 1分の視聴が確実にあったとして24万回再生ということですから、それなりに内容が面白いものでなければ、再生されないこと、つまり、つまらない動画を何本も作って再生回数を増やすような手法は通用しない。
中身のないコンテンツを作るユーチューバーは稼げないということなのです。

巷では、反社会的だったり、迷惑なユーチューバーが話題になっていますが、今回の措置は、Googleとしても、無駄なリソースを無駄なユーチューバーに使いたくない、つまらないコンテンツにはお金やコンピューターのリソースをかけないようにすることが一番の狙いだと思います。

パートナープログラムに参加しなくても、ユーチューブには動画を配信できます。

今回の資格要件の変更で、YouTube パートナー プログラムに参加できなくても、動画を配信することは問題なくできます。
収益化だけがユーチューブの目的ではございません。
オリジナル コンテンツをアップロードして視聴者を増やすことは引き続きできるとともに、検索やレコメンドでも「内容がよければ」公平にユーチューブ常に表示されます。

最近のお客様事例

参照:動画を使って自社のサービスを紹介する 一般社団法人 ペガサス

動画PR 今年もやっておりますので、どうぞよろしくお願いします。
PR動画制作サービス

-YouTube

おすすめコンテンツ

1
動画マーケティングとは? 第1回 (全4回)

動画マーケティングとは何なのか? 動画マーケティングのカテゴリーには多くの記事を ...

2
動画を使った集客法 メールマガジンのご案内

中小企業のウェブ集客に自社メディアを活用する方法 「他と同じことをやって他よりも ...

3
当社の実績と選ばれる理由

株式会社ウェブデモについて 2003年より海外パソコンソフトの翻訳販売を開始。動 ...